2015年01月04日

左翼、リベラルはなぜ破壊行為を好むのか


 左翼は革命という言葉が好きだ。そして、権威という言葉が嫌いだ。革命という言葉には、ある日突然、周りの状況がすっきりよくなって、自分の今の苦しみから解放されて、自由に、そして、幸せに生きていけるのだというニュアンスが含まれているし、権威という言葉には、束縛、圧政、上から押さえつけられた、といったイメージがつきまとう。しかし、実際のところ、革命が起きてみても、状況がよくなるとは限らないし、権威を持っている人が、自由にその力を、思い通りに振りまわせるかというと、そうとも限らない。
 どこかに自分を解放してくれる、ファンタジックワンダーランドがあると信じている人たちが左翼なのである。
 右翼の人は戦争をしたがっていて、戦争をするな、と言われることがあるが、そういう人はたいてい、第二次世界大戦で多くの人が犠牲になったから、もう犠牲者を出したくない、という気持ちでいっぱいなのである。そういう人は現実に目の前にある課題を直視しようとはしない。中国漁船の問題や、尖閣諸島、千島列島の安全保障問題、さらには、秘密情報の保護等といった問題には目暗になってしまっていて、現在の日本を守りたい、とは一切考えていない。最悪の場合を想定した危機管理をしようともせず、ただ、戦争ではみんながつらい目にあうから、それだけは避けたい、という思いしか持ち合わせておらず、ただただ、反対の声をあげるだけである。反対の声しかあげない人は、もしその反対の声がすんなり通ってしまったとしたら、その後何が起こるのかをまったく考えないで、反対の声をあげる。つまり、自分の行動が後にどのような結果を導いてしまうのかすら、想像することがないのである。これは無責任というか、言ったもの勝ちという事でひとまず満足げに家に帰って行ってしまって、その後は何もせずにこたつの中でごろんと横になっている、というような有様なのである。
 このように、左翼の破壊行為というものは、その場限りの、鬱憤晴らしなのであり、何の進展もないまま終ってしまうものなのである。


posted by シンジ at 16:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。