2014年08月14日

女性の力

 人を養えなければ人に非ず。私達はお客様で、丁重にもてなしてもらわなければならない。あなたはしっかり働いて、私(ここが国家と言われるところが戦前とは変わってしまった)を支えよ。このような態度は、フェミニズムの行き過ぎによるものなのだろうか。それとも、アメリカ的な利益追求主義がこのようにさせるのか。その部分を考えてみたい。
 日本での自殺は男性の方が多いが、これは世間が、「男性は強い。敢えて周りが支える必要がなく、自分で勝手に仕事してくれるだろう。」という認識でいるためだ。自殺する人としては、経済的な問題で死ぬ人が多いが、この経済的な問題は従来の、一人で、一手に仕事を引き受けるスタイルから、一人一人の仕事量を減らし、給料を減らし、女性が労働市場に多く入り込むことによって解決が図られることとなるだろう。このことによって、自殺する人の男女比は五分五分となり、男性が特別に不幸になる、という状況が改善されることになるだろう。
 また、あまりここで自殺率の男女平等を唱えてもしかたないので、政治家・経営者の中での女性の比率の向上も達成されなければならないことも述べておきたい。今、女性の社会進出が進んでおり、女性が自分の利益を追求するのも、アメリカの個人主義と日本の教育によるところが大きいと思われるが(そもそもアメリカ的な個を重視する教育は終わり、これからは公を重視するような教育に変わってきているところではあるが)、これも、女性がリーダーシップをとることを期待されてのことだということを女性は自覚すべきである。また、女性が仕事をしていくことで、社会の活力となり、男女に限らず、人と人との相互理解が深まるのではないかと思う(ところで女性の特質といえば、偏狭で警戒心が強いことがあげられるが、これは女性が子供を育てるために必要な能力であり、女性をその内面から取り上げたときによく言われることである。女性には、外面的には、人当たりがよく、リスクを避け、安定をもたらすという能力をもっている。このことはサービス業で強い力を発揮する)。
 また、男女平等というのは、単なる欧米向けの政治的なパフォーマンスであり、現実を的確に表わしているという類の言説ではないことを付け加えておきたい。男性の地位を強制的に、相対的に下げることによって成し遂げられる男女平等は、軋轢を生み出すだけであり、相互不信を深めることとなる。これは個人主義の行き着く悪い面であり、常に相争い、道徳心の欠如した人が陥ってしまう悪事である。つまり、人間の低次面に落ちてしまうことを意味する。日本人は互いを思いやり、助けあうことが得意であるはずだが、無遠慮な言説がまかり通ることによって、不信感が増幅し、本来の良さをいつまでも発揮できないままになっているのである。
 今、女性の力はすごい。男性の方が自殺率が高いということは、女性の社会的地位が上がり、男性の社会的地位は下っているということなのだと思う。男性よりも優秀で、お金を稼ぐ女性も大勢いる。この調子で、日本の経済を引っ張っていってほしいと思う。日本の人口の半分が女性で、半分が男性だ。お互いに社会における役割を分担する(その、分担する、ということについても従来的な分担ではなく、経済的な得意分野・不得意分野という意味での分担である)方向に社会が動いていけば、今後の日本はもっとよいものになると思う。
posted by シンジ at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。